宮崎県の経済

実際に住んでいる人にとってはそれどころではない

宮崎県って何も特徴ないし、目新しいものもないよねという悪評が立ち込めているわけですがこれは完全に蚊帳の外の人間の言葉に他なりません。中には実際に住んでいる人も述べているかもしれませんが、特徴がないからといって宮崎に住むことをやめて関東地域に仕事を探しに上京しようと思っても、今のご時勢仕事を見つけること事態が困難となっているのはいうまでもありません。関東地域の中央集権的に仕事が集中しているからといっても、仕事の幅を選ばなければ見つかるものだと言われていますがこれは本当は間違っている意見だと個人的に考えています。そもそもこの宮崎県で永住を決めている、一族として宮崎県に根を下ろしている人々もいると思います。そんな人々がいきなり見ず知らずの土地に住むとなったらまずは働き口を探して、という面倒なことになってしまいます。そういうことを考えると宮崎県で元々住んでいる人にとってはまだ地元で就職することが一番安定ではないだろうか、と最近では思っています。

そういったことも含めて話を進めていくとして、宮崎県の経済状況を少し見ていくことにしましょう。宮崎県の総県民所得としては約3兆16億円となっており、これは全国で36位となっています。日本として考えた場合にはあまりいい数字とは言えないでしょう、こういうこともあるからこそ何もないという印象を持たせることになってしまっているのかもしれません。その中で一人当たりの県民所得としては『約256万円』というこの数字を見れば分かるとおり平均しても低所得の自治体として認定されていますが、これは物価水準に伴って低くなっていることもあるため、所得格差ほどの生活水準の低さそのものは存在していないと言われています。

そんな宮崎県も経済的な面においては国内で最も高い数値として記録されている産業分野が存在しています、それは第一産業である農業分野が特に宮崎県は盛んとなっており、数値的にすると『5.6%』という、全国平均である『1.2%』と比べたらまだいい数値だと言い切ることはできないかもしれませんが、まだマシなのかもしれません。

第一次産業について

ではそんな第一産業農業について話をしていこうと思います、宮崎県ですが意外にも日本有数の農業県となっており、農業産出額としては全国6位というであり、九州県内では2位となっています。農業部門に限って考えれば悪くない数字ですが、それでも非常に盛んに行なわれているとは言いがたいでしょう。あくまで現状考えた上での平均的なものとして、という風に見た方がいいかもしれません。

そんな宮崎県では温暖な気候を利用して、稲作などには超早場米の生産地としても有名であり、野菜や果実などの促成栽培や葉タバコ・サツマイモなどの商品性作物の生産などが盛んに行なわれています。その他にも牧畜業においても、乳牛や肉牛、豚に鳥といった全てにおいて日本有数の生産高を誇っています。以前まではそれほど知名度が高くなかった農産物に関しても、2007年に知事に就任した元タレント政治家がメディアなどに出演したことによって、それまで宮崎県のことを詳しく知らなかった人間にしてみれば意外とあるではないかと感じるかもしれませんね。

そんな宮崎県の農作物の中で最も生産高の高いものとしては『大根』・『キュウリ』・『ピーマン』などが最も大きな農作業の中で大きな収益の要となっています。特にキュウリとピーマンについては日本国内全体の生産量として2位というを誇っています。食卓に出てくる美味しい大根とキュウリ、そしてピーマンの数々は宮崎県が日本の基盤を支えているのかもしれません。

漁業において
農業が盛んだと話しましたが、逆に海で行う漁業はどのような状況なのかも気になるところです。海に隣接していることもあって沖合い・遠洋漁業が特に盛んに行なわれていますが、時に近海カツオ一本釣りといったものは日本一の漁獲量を得ている一方で、大消費地に近い漁港で水揚げを行っているため、県内の漁港の水揚げは少なくなってしまっています。
林業では
その他国産建築材料として利用する事の出来る共有基地としての役割を担っており、県木に指定されている飫肥杉については建物を侵食するシロアリに対して殺蟻活性成分を持っていることもあって、生産高については全国一の生産高を誇っています。
宮崎へいきませんか
「何を基準に物件を選べばよいの?」「見るべきポイントや比較する要素は?」など、住みたい物件を決めるためのコツもお教えいたします!つくばで不動産

第二次産業について

製造業などに分類される第二次産業分野としての宮崎県の状況としては、隣の県となっている大分県と共に、東九州地域の医療機器産業の拠点として整備している東九州地域医療産業拠点構想を発表しているなどが盛んとなっています。このプロジェクトは、大分県から宮崎県にかけての東九州地域には、血管・血液関連を中心とした医療機器産業の立地が進めており、大分県が1,145億円で大分県が4位、宮崎県が115億円で全国27位となっています。両県に進出した企業の中には世界一、もしくは日本一のシェアを誇っているなどの大手企業も存在しています。そういう意味ではこの医療機器産業としては宮崎県はある意味特殊な位置にあるのかもしれません。

ではそんな医療機器関係の仕事以外の第二次産業の状況はどうなっているのでしょうかと、少し見てみることにしましょう。

農産品加工業では
宮崎県の農産品加工業としては主に、『焼酎・木工家具・ワイン・乳製品』などが盛んとなっています
化学工業については
県北の延岡市は旭化成の発祥の地となっており、戦前に置いて九州山地の水資源を生かした水力発電を利用した近代産業化を推し進めたことによって、市街地には工場群や関連企業が多数立地しており、企業城下町を形成しているのが特徴的となっています。同じ県北の日向市細島港近辺についても、小規模ながら複数の生産拠点を築いています。
こんな分野にもそれなりに力を持っています
宮崎市郊外や東諸県郡において、空港への資金生徒純度の高い水資源を生かした半導体やPDP、ソーラーパネルといった先端産業も立地しているのが特徴となっています。

第三次産業が一番難癖

第一次産業・第二次産業を見ればそれなりに専門職としては強い印象を持つことのできる宮崎県ですが、現代社会において主力となっているのは第三次産業が経済発展の中心となっています。では宮崎県の第三産業の状況ですが、こちらはあまり流れだとは言えない状態となっています。元々剣の規模そのものが小さいこと、そして何かと不便だといわれ続けている交通の便といった諸事情もあるため、商圏が県内一円に限られているために、どうしても地域商業の域を脱することが出来ないのです。話によると有名百貨店などもなく、最も全国展開している企業としてはスーパーのイオングループがありますが、それでも厳しいと言われています。

現在の経済状況から考えても、この第三次産業がこの状態では中々県全体として発展するのは難しいかもしれません。また、よほど田舎の暮らしに慣れている人でもない限りは、宮崎での暮らしというモノは少々退屈な生活となってしまうことも考えられるかもしれません。

だからといって都会に行けば就職先があるかと聞かれたら難しいところでしょう。そうなると、やはり地元民が就職を地元でするとなったら安定した仕事が人気なのかもしれません。

おススメスポット
Page top