ご奉仕することに生きがいを感じるなら

宮崎にある中心的なデパートの1つ

最初のころにお話した中で宮崎県は第三次産業があまりその他の地域と比べると発展していないと述べましたが、結構それはそれで住んでいる人々にとっては重要な問題だったりします。そういう時にこそ役立つのがネット通販というものなのかもしれませんが、さすがに全ての商品を通販で賄えるかどうかと聞かれたら無理でしょう。そういうときにでもやはり近所にショッピングモールやデパートなどがあれば役立つんだけどなぁと思うのが人の常というものです。現代人ともなれば近所にコンビニがないだけで不自由だと感じる人も多いくらいです。田舎暮らしをすることになったらまずはそんな施設関係の不足していることに対して耐性を持つことから始めなければいけないかもしれませんね。

宮崎の過疎化っぷりはネットの評判でも相当なものとなっていますが、では宮崎にはそうした商業施設は存在しないのだろうかという話にはなりません。地域によると思いますが、さすがに都道府県という枠で考えたら必ず最低でも1件はデパートやショッピングモールなどが存在しているものです。この宮崎にも宮崎市の中心市街地の中核として作られたデパートが存在しています。元の社名は『ボンベルタ橘』、プロレスラーにいそうな名前ですが此方は百貨店となります。別に店員が来店してくるお客に対してスクリュードライバーやジャイアントスイング、フライングボディアタックなどを食らわしてくることをサービスとして行なっているわけでは有りません。あったらあったで斬新かもしれませんが、止めておきましょう。そんなボンベルタ橘もとい、橘百貨店が宮崎の商店街の中心的存在として君臨していましたが、その後鹿児島のにある老舗百貨店である山形屋が株を購入したことによって現在の『宮崎山形屋』が誕生することになりました。

一時期はイオンショッピングモールが出来たことによって経営に深刻な影響を与えることになるのではと懸念されましたが、狙いとしている顧客層や新館を設立することへの対抗などもあったためにそれほど影響を受けることなく、現在でも宮崎の商店街における中心的なデパートとして存在しています。そんな宮崎山形屋も宮崎県の中ではまだそれなりに人気のある会社となっています。一部ではブラック企業ではないだろうかなどとも言われていますが、サービス業界そのものがブラック企業として成立していると考えればまだいいと思います。そんな事は筆者は決めることではないので、ここではそんな宮崎山形屋の採用状況などについて話をしていきます。

業務内容について

宮崎山形屋の話をしていこうと思いますが、残念ながら資料を確認しましたが宮崎山形屋の採用情報が見つからなかったために本体としての鹿児島点にある本店の採用情報を参考に紹介して行きたいと思います。デパート業務として特筆している事は特別ありません、とりあえず一言といえることとしてはまずは販売職から全員並んで業務に励むことになります。基本中の基本といったところでしょうか、これは単純に考えれば研修も同然の作業ということでしょう。この販売職を経験することによって本人の経験や能力、そして適正などを加味した後にそれぞれの部門に配属されることになります。配属先となる部門については販売職はもちろん、仕入れや企画、外商といった職務などに配属されることもあると思います。一応の本人の希望というものも考慮されるということなのかもしれません、またやる気などがあれば様々な業務を経験することも可能となっており、成長するという意味では大いに期待できる発展を遂げることが出来るかもしれないと言われています。

配属先に関しても年1回の自己申告制度が用意されているので、そこで申告して上層部の判断で可能となった場合には希望が叶う仕組みとなっています。これに関してもあくまで希望となっているのでと必ずしも申告すればキチンと認可される、ということはないのでその点についてはしっかりと理解しておかないといけません。

小売業ということで気になるところは勤務時間などもあると思います。ただデパートということもあるため、どんなに遅くても21時までには帰宅態勢に入らなければいけない仕組みとなっているでしょう。筆者も何度かデパートの中にある飲食店でのアルバイトなどをしていましたが、店舗毎にキチンと従業員が全員帰宅したということを確認しなければ管理している側としては問題となってしまうのです。そうなると中には不法に残ってそのままい続けてしまうなどの問題も起きてしまうため、時間が遅くなってもある程度までの残業しか認めらていないと判断して問題ないでしょう。この点を考えれば独立している店舗と比べたら遥かに優しいシステムとなっていると考えて問題ないと思いますが、あながちそう考えられない人も多いのかもしれませんね。

宮崎へいきませんか

待遇・福利厚生など

そしてやっぱりやってきました宮崎山形屋の待遇や福利厚生などについて話をしていきましょう。あまり無駄話を挟まないで、本題に映りましょう。

  • 給与:大卒・大学院卒、月給179,000円
  • 諸手当:時間外勤務手当て、世帯手当て、通勤手当など
  • 昇給:年1回
  • 賞与:年2回
  • 勤務地:本社並びに各営業所
  • 勤務時間:早番:9:40~18:40・遅番:11:10~20:10
  • 休日休暇:週休2日制、年次有給休暇など
  • 福利厚生 健康保険、厚生年金、労災、雇用保険など

待遇を見ても特別変わったことはないですし、どこにでもあるようなデパートなどにおける店舗人材募集のポスターに書かれているようなテンプレートですね。実際に勤務してみるとこの時間通りにその日の勤務が必ず終了するということもなく、残業を沢山することもあります。同様の仕事を何度か経験のある筆者から言わせてもらえればこういう仕事をしているとしている分だけ仕事があちこちから溢れてきます。そうなると止まらなくなるので、どこかで蹴りをつけなくてはいけません。大変なのは理解できますが、一区切りとして見出すタイミングを見つけないとサービス業をして行くのは非常に大変ですから、その変の区切りをしっかりとして行くことが肝心となるでしょう。

ここでは山形屋本店の採用内容となっていますが、宮崎山形屋で就職を希望しているのであれば、地道に採用が出ていないかどうかの確認をお願いします。そこまで大きな違いはないと思いますが、もしかしたら何かしらの違いがあるかもしれないので、その点についてはご了承くださいませ。

おススメスポット
【企業・会社における民事再生】言葉をお聞きになったことはあってもその実体があまり知られていませんが企業・会社においても『民事再生』という手法があります!民事再生 会社の事は石上法律事務所編をご覧ください。
Page top