宮崎県の新聞

宮崎日日新聞が熱い

公務員が一番人気というのはやはりいつの時代においても堅実な選択肢として考えられるのかもしれません、ただ最近では子供の頃から公務員として働くことを夢に見ている子供もいるといいます。まだ幼子の時には少しでも夢のある職業を想像してもいいと思うのですが、それだけ子供目線からしても現状の日本という国が陥っている状況は危機的なものだと、そう理解していることに他ならないと思います。社会の状況を全て把握しているわけではないにしても、それでも今自分たちが住んでいる国がどんな末路を辿ることになるのだろうと、連想するとなったら逆に妄信的な夢や明らかに叶いそうにない夢を見る事は無謀と、何だか物凄く現実主義な子供が沢山いるのかもしれません。もしかしたら保護者が教えているのかもしれません、または子供自身がテレビや新聞などで情報を仕入れていると考えたほうが自然かもしれません。

情報を仕入れるというのは非常に肝心なことです、子供にとってもそれがいかに重要なことなのかというのは成長して行く過程で理解していきます。そんな情報を取扱う仕事として人気を得ている職業もあります、それが新聞関係の仕事もここ宮崎県で就職を希望している若者には人気の職となっています。公務員と違って生涯安定を求められるかどうかという点については保証できないところもありますが、社会の散らばっている情報などをかき集めて世の中に発表するなどの活動をしたいと考えている人も多いですね。筆者も一度新聞社の就職試験を受けた事はありましたが、会場が都内のとある大学校舎を一棟借りきっての実施という、どれだけ応募があったんだろうと戦々恐々としたこともあります。都内でもそうですが、ここ宮崎でもそんな新聞社の仕事を夢見る人は多いようです、その中でも特に人気を得ているのが『宮崎日日新聞』、こちらも就職先としては人気を得ています。

ちなみに先の項にて紹介した宮崎での公務員として奉職したとすると、その次点に次いています。情報が特に重要となっているこの社会だからこそ、余計にこうした新聞社で働く人が多いのかもしれません、というわけでここではそんな宮崎日日新聞に就職したらどんな待遇を得られるのかなど、業務内容などについても取り上げつつ話をしていこうと思います。

就労環境について

新聞社での勤務となりますので、当然記者としての仕事もあると思いますが最近では新聞社もそこらへんは外部のライターなどに依頼しているなど、自社スタッフ以外で対応している部分もあるという話を聞いたことがあります。もしくは単純に外部委託することも出来ないほどに会社の状況があまりよろしくない場合においては内部で済ませようとしていることもあると思いますが、新聞社で務めることになったらその他にどんな仕事ができる環境なのでしょう。

まず簡単に採用されたあとに業務に付くことになるとした場合における仕事内容は大まかに分けて三つあります。ここは少し要約して紹介して行きます。

編集:報道部と編成本部
新聞社の要とも言える業務を行う編集部門ですが、簡単に分けると日々散見している情報などをまとめて原稿にする記者などで構成されている報道部と、記者が仕入れてきた情報を整理して新聞にして行く編成本部の二つに分けられます。この編成部からさらに新聞を作るタメに必要な校閲や画像などの技術に特化している専門的な機関もあります。
営業:読者局と広告局、そして事業局
どこの企業においても営業というものは付きモノです、そんな宮崎日日新聞においての営業は読者に対して専門的に行う『読者局』と、新聞広告などの営業を行うことを主とする『広告局』、さらにその他社内で、もしくは社外で開催するイベントなどを企画する『事業部』の三つが存在しています。
印刷
そして最後に肝心の新聞を作るための機関として用意されている印刷部となっています。ここではもはやあえて言うまでもありませんが主に新聞を作っているところとなっています。
宮崎へいきませんか

就労条件と待遇

仕事内容は具体的には先に話した三つが主な三本柱となっております、詳細についてはもしも入社することが出来たらのお楽しみとしておきましょう。そんな宮崎日日新聞で勤務することを志望する人も多いと思いますが、どこの就職先を希望するにしてもそうですが何かしらの条件というものが存在しているものです。ここ宮崎日日新聞で就労できる人材というのも一定の条件が付いてきます。年々にもよりますが、こちらは2015年度入社希望をしている人向けの資格となりますが、『1988年4月2日以降生まれの人で、大学・大学院を2015年3月までに卒業見込み、もしくは同等の学力を持っているもの』となっています。どこにもでありそうな就職資格としての条件ですね、誰でも就職できるわけではない事はまぁ基本でしょう。特に新聞社ではこうした入社試験はこうした条件が付いているのは基本的なことだと考えればそこまで深いモノでもないでしょう。

そしてこの宮崎日日新聞で働くことになったらどんな待遇を受けることが出来るのか、というもの気になるところなのでその点も少し掘り下げて紹介していきましょう。

初任給
192,170円【22歳新年度入社、諸手当込みで】
昇給・賞与
昇給は年に一回、賞与は年に2回支給される
勤務地
本社のある宮崎市の佐土原センターとなっていますが、そのほかは地域によっては東京や大阪といった都会への出張も可能性が出てきます。
勤務時間
実働7時間で、勤務時間は午前9時から午後5時までとなっていますが、仕事が終わらない場合には残業はもちろんついてくるでしょう。
休暇・休日
基本的に週休二日制となっており、年次有給休暇や慶弔休暇やリフレッシュ休暇なども付いてきます。
福利厚生
健康保険はもちろん、雇用保険や労災保険なども加入するので、色々な心配をすることもないだろうと考えて問題ないと思います。
研修制度
自己開発プログラム支援制度、入社10年目海外研修制度、その他記者研修などのプログラムなども用意されています。
おススメスポット
Page top