空港もある意味鉄板

宮崎に本社がある、スカイネットアジア航空

いつの時代も空というものに対して恋焦がれる人はいるものです、『飛べない○○はただの○○だ』という名言も生まれている事を考えてると、人類にとって空というものがそれだけ壮大なものなのかもしれません。そしてそんな空、飛行機という技術が開発されて軍事利用から民間の移動手段として用いられるようになってからは日本国内に留まらず世界各地へと気軽に足を伸ばせるようになりました。飛行機に乗ったことがないという人ももちろんいるでしょう、中にはたまたま運というものが良かったのか幼少期の頃から飛行機に乗って海外旅行などをしていた人もいることでしょう。この日本という国でも航空事業は日本でも主力の交通事業としてその地位を確実なものとして築き上げることに成功し、そんな航空関係の仕事に付きたいと願っている人も沢山増えるようになりました。そんな人々が勤めることになる就職先は基本的に空港関係になります。付け加えるとそこで働いている職員全員が客室乗務員として勤めているわけでもなく、地上勤務で顧客対応をしている人もいます。空港内にある様々な店舗などは対象外として考えておくにしても、空港で働いている人がどのくらいいるのかというのが気になるかも知れません。

そんな空港で働くことも20世紀半ばから後半にかけては日本でも人気と安定の職として呼び声をあげていくことになります。もちろんこの空港での勤務というモノは操縦者としての採用も含まれますが、その方々については今回は省くとして、ここではそんな空港職員として勤務することになる人々、整備士や地上業務などを行う方々についての話が中心となりますが、そもそも宮崎県に空港なんてあるのかと疑問に思う声が聞こえてきてもおかしくないと思います。あるんです、宮崎にもキチンと空港が。

宮崎にある空港で『スカイネットアジア航空』という企業、こちらも宮崎では人気の高い勤め先として多くの就職希望の人が募っています。空港で働くとなったらどんな仕事をすることになるのでしょう、客室乗務員についてはあらかた見当は付きますが、地上勤務にそして整備士なども気になるところですね。ここではそんなところを追求して話をしていこうと思います。

宮崎へいきませんか

募集をかけている職種は三つ

宮崎県に本社を設置しているこのスカイネットアジア航空で現在募集している採用枠としては主に三つありますが、これらに共通して一言だけ付け加えるとすれば、それは勤務地が同一であるということです。募集欄を見ると勤務地についての説明も当然ありますが、そこを見るとどれもが基本的な勤務地として東京、もしくは都内にある羽田空港といった主力空港での勤務となっていることです。宮崎に本社を設置しているため、何か本社で集まりなどがあればそちらに飛ぶこともあるかもしれませんが、基本的に東京などで働くことスタイルとなっています。人気の高い企業に就職できる上に東京に出られるとなったらある意味お得、と言える就職先なのかもしれません。そんなスカイネットアジア航空で用意されている職種と、業務内容などについて簡単に触れて行きます。

一等航空整備士
航空機整備の作業をする人のことを指していますが、当然ながらこの職に雇用されるためには所定の資格を所持していないことには話になりません。整備士の資格を持っていない、整備士として業務経験を持っていることも尚その条件として用意されています。当たり前といえば当たり前ですね。勤務時間としても非常に不定期で、朝5時からも夜中24時までの間で8時間の勤務ということで、シフト制を採用しています。一言でまとめると大変な仕事でしょう。
客室乗務員ならび、一部地上業務も有り
航空会社といえばこの方々といって問題ないと思いますが、女性たちにとっては憧れであり人気定番職としてもすっかりと板についている『客室乗務員』を募集しています。こちらも基本的な勤務先として東京となっている事はもちろんとして、勤労形態に関しては1週間における変則勤務となっているため、固定勤務時間というものは存在していません。女性にとっては身体バランスを維持する努力が求められることになります。
整備スタッフ
先ほど紹介した航空機の整備士とは違って、こちらは航空関係の部品や設備、さらに備品の品質や技術などについても管理することになる総合的な職場となっています。そう聞くと誰でも就職できるのだろうかと思いたくなりますがそんな甘い事はなく、基本的に航空機関連の生産管理業務などを経験していることが前提となっています。素人に任せられるような仕事ではないということで、そう考えるとある意味誇り高い仕事なのかもしれません。この整備スタッフに関しては一部部署にてシフト制を採用していますが、基本的に9時間拘束の8時間労働となっているので、アフターシックスがしっかりしているところだけ気になるところかもしれませんね。

その他の待遇について

スカイネットアジア航空で求められている職種については現在のところこの三つとなっていますが、雇用形態については三つとも最初は契約社員からの就職となります。そのまま契約社員として働かなければいけないのだろうかと気になるところかもしれませんが、正社員登用制度もあるので会社に対して不満などを抱いていないなどのわだかまりを持っていなければそのまま、というのもありでしょう。

気になる就労に対する賃金という点については詳しい額を明記していないためなんとも言えませんが、それでも平均並みとして考えておけばまだ楽かと思われます。その他の待遇についてですが、福利厚生という側面でも社会保険を始めとした物が用意されています。しかし筆者の調べては一等整備士として勤務している人には福利厚生に関する詳細な説明などを見つけることが出来なかったので、もしかしたら何か違うのかもしれません。

その他応募希望となる職種によっては求められている資格や条件などが異なっているので、その辺も細かく見ていくことをお勧めします。

おススメスポット
Page top